フラッシュ脱毛が利用できない箇所

フラッシュ脱毛でも永久脱毛に近づける

フラッシュ脱毛が利用できない箇所

フラッシュ脱毛は、黒い色素に反応させて脱毛を行なうため、施術できない箇所がいくつかあります。肌が日焼けしすぎていた場合、ほくろやシミ、タトゥーなど黒い色素がある箇所はNGとなります。広範囲が日焼けしすぎていると、断られる事もあるので事前に確認したほうが良いです。日焼けしてしまった場合は、その夏は避けて美白を頑張って冬くらいに行うのがおススメです。元々肌が黒い人は受けられないとは言われないと思います。元々は色が白い白人向けで、日本人には適していないのがフラッシュ脱毛でしたが、今では日本人用にも開発された機械があり大丈夫だと思います。心配な方は、カウセリングで聞いてみてください。

 

ホクロは小さなものだったら、シールでカバーすれば施術が行なえます。大きなシミがあったり、タトゥーは断られるかもしれません。アザは医療用のレーザーで少しずつ消す事もできるので、まずはアザの処理から相談したほうが良いように思います。また、アザの箇所を避けて脱毛を行なってもらいましょう。タトゥーはシールでカバーするのが難しく、恐らく断られる事が多いと思います。

 

気になる箇所があったら、無料で受けられるカウセリングを実施しているサロンがおススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ